VIOの脱毛の痛みレーザーと光脱毛を分析!

脱毛

VIOの脱毛の痛みレーザーと光脱毛を分析!

VIOの脱毛は痛いってよく言いますが実際はどうなのでしょうか?

VIO脱毛は、ワキ脱毛と同じくらいに人気の脱毛です。確かに女性にとってVIOがきれいに手入れをされていたら水着に自信が持てるようになりますよね。実際、海外ではVIOを綺麗に脱毛している人が多く、エチケットとして認められています。しかし、デリケートゾーンの脱毛なので痛いのではと考えている人も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、痛いと感じる人が多いです。VIOに生える毛は、剛毛で量が多いという場合が多いため、レーザーに反応する箇所が多いのです。IやOラインは人によって個人差があるため、まったく痛くないという方もいますが、Vラインに至ってはほぼ全員が痛みを感じてしまう傾向にあります。ですから、綺麗に脱毛したい場合は、痛いということを覚悟していく必要があるでしょう。

レーザー脱毛でVIOを処理する時の特徴

レーザー脱毛は、ムダ毛の毛根部分をレーザーの光によって破壊することで毛を抜き取るのと同時に、その後の毛根の再生を抑えるという特徴を持っています。針脱毛と比べてかかる時間が少なく、痛みも少ないコトも特徴ですが、デリケートゾーンの場合はやはり痛みを感じてしまいます。ですから場所によって局部麻酔をかけてくれるところもあります。脱毛は一回で完了するのではなく、何度も行うことで完了します。一生VIOの処理をしたくない場合は、12~20回程度通う必要があります。しかし、少しアンダーヘアを残したいという場合であれば、6~15回程度が目安です。

VIO脱毛をするなら、クリニックでのレーザー脱毛をオススメします。もちろん、安全面からの理由もありますが、回数や期間、コストの面からも医療機関での脱毛の方が良いです。

光脱毛のVIOの痛みを例えると・・・

VIO脱毛をするときの痛みは、脱毛する機械によって違います。使用するレーザーの仕様が違うからです。そしてもちろん、古い機種よりも新しい機種の方が痛みは少なくて済みます。

脱毛の際の痛みは、ゴムでパチパチと皮膚をはじくような痛さを感じる場合や、針でチクリと刺すような痛さを感じる場合、痛いのではなく熱いと感じる場合もあります。いずれにしても、まったく痛くないという場合はありません。しかし、レーザー脱毛にかかる時間は短いので、ある程度は我慢することができます。また、前述したように場所によっては麻酔をかけてくれたり、冷却装置によって苦痛を軽減するような措置をしてくれる場所もあるため、痛いのには耐えられないという方はきちんと下調べをして、そのような措置を施す場所を探すことをオススメします。


関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都神奈川県
銀座相模原
千葉県 埼玉県
ちはら台/南船橋吹上
群馬県 新潟県
高崎/藤岡
伊勢崎/太田
新潟市/新発田市
栃木県 大阪府
宇都宮市堺市
大分県 熊本県
大分市熊本市
 
PageTop