産毛は剃らずに対処すべし!

脱毛

産毛は剃らずに対処すべし!

手入れに費やす一生分の時間

美意識の高い女性なら、うなじなど目立たない部分の産毛にまで気を配りたいもの。さりげない部分ほどきれいに処理されていると女子力の高さを感じますね。
ところで、脱毛処理に一生のうちどれほどの時間を費やすことになるのか考えたことはありますか?例えば顔の産毛をシェーバーで剃る場合、1回に費やす時間はほんの数分、もしくはそれ未満で済むかもしれません。例えば1分間で済むと想定した場合、それが毎日となると1年間で約6時間、10年間では約60時間もの時間を産毛処理に費やすことになります。顔のみならず、全身の脱毛を自己処理するとなれば、さらに時間を費やすことになりますね。
エステなどで永久脱毛をするにはある程度のお金と時間が必要になりますが、通う度に毛が薄くなり、自身で処理する手間が省けるようになります。

自己処理デメリットその一、毛が濃くなる

産毛を自己処理の場合は、抜く、剃るなど方法が限られています。自己処理する度に毛が濃くなってしまったという経験をされたことはないでしょうか。
せっかく頑張って自己処理したのに、かえって産毛が濃くなってしまうのは残念ですよね。一方、プロのもとで行う脱毛は、抜く、剃るといった方法ではなく、機械を使い、レーザーなどで毛根に刺激を与えて処理する方法が主なため、その後に毛が濃くなることは基本的にはありません。自己処理と比べ、処理直後の様子に大差なくても、その後の毛の太さが大きく異なります。さらに、エステなどでの脱毛処置後は、同時に毛の本数も減っていくため成果は歴然としており、一定の期間、それを実感することができます。
抜く、剃るといった自己処理の方法ではなく、長期的な視野で脱毛に臨むことで、剛毛に別れを告げてはいかがでしょうか。

自己処理デメリットその二、肌が負けやすい

産毛の自己処理後に多くの方が悩む点として、他に肌の炎症があげられます。シェーバーなどで剃刀負けし、肌が炎症を起こしてしまうケースや、毛抜きで抜いた後に毛穴がブツブツと目立ってしまうといった肌トラブルに遭遇されたことはないでしょうか。
自己処理の場合、注意を払っているつもりでも、肌にダメージを与えてしまいがちです。また、頻繁に行うため、ダメージを受ける機会も多くなります。一方、プロのもとで行う場合は、施術前後に肌への負担を配慮した処置が施されます。また、脱毛周期に沿って処置を行うため、施術回数も自己処理に比べぐっと減ります。そして、肌を直接傷付けることはないため、脱毛後はむしろ毛穴が目立たず、スベスベの肌を体感できることが多いのも、その醍醐味です。万が一、処置後に肌トラブルに遭遇したとしても、処置者は脱毛に関して熟知しており、適切な指示を与えてもらえるため、安心して身を委ねることができます。
自己処理でまだ頑張っている方は、文明の利器にもっと甘えてみられてはいかがでしょうか。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都神奈川県
銀座相模原
千葉県 埼玉県
ちはら台吹上
群馬県 新潟県
高崎/藤岡
伊勢崎/太田
新潟市/新発田市
栃木県 大阪府
宇都宮市堺市
大分県 熊本県
大分市熊本市
 
PageTop