ムダ毛の改善は身体の内側から!

脱毛

ムダ毛の改善は身体の内側から!

植物性タンパク質をとろう

ムダ毛の濃さは遺伝によるのでどうにもならないとあきらめてしまう人もいますが、実は体毛の生え方は食事によって大きく変わってきます。もちろんまったく生えないというわけにはいきませんが、少なくとも今までより薄くしたい、ということであれば日々の食生活をあらためることで充分成果があげられます。これまでエステや脱毛クリームに興味があっても、なかなか食事まで改善してみようとは思わない人も多いですが、少しずつ自分の食習慣を見直していけば、きっとムダ毛が自然となくなってくるでしょう。
いきなり変えるのがむずかしい方でも、日ごろの食事に一品二品、植物性タンパク質の多く含まれた食品をとるようにこころがけることで、脂質をおさえることができるため、結果的に体毛が薄くなっていくのです。

脱毛するなら過酸化脂質に気をつけて

摂取しすぎるとムダ毛を伸ばしてしまう脂質を過酸化脂質といいますが、これが大量に含まれている食品は肉類、炭水化物、甘いものなどです。特に肉類はとりすぎによって男性ホルモンの分泌も活発になり、ますます体毛が濃くなってしまうので、食事の際には量に気をつけるようにしましょう。
対して、過酸化脂質が少なく、また摂取することで女性ホルモンの分泌を促してくれる食品は、ほうれんそう、玄米、大豆、さつまいも、ひじきなどで、これらを効果的に日々の食事に取り入れていくことにより、ムダ毛を少なくできるはずです。特に大豆は女性ホルモンの分泌をよく促進してくれるため、ダイエットにも効果があります。豆腐や豆乳など、ちょっとした空き時間で手軽に摂取できる食品を選べば、それほどストレスにならないはずです。

体と心を暖めるのが一番の脱毛法

ほかにもムダ毛をおさえる食事のとり方としては、あまり冷たいものばかり摂取しないで、できるだけ温かいものを食べるようにする、というのがあります。体が冷えてくると、体温を維持するためにムダ毛が濃くなりがちです。栄養に気をつかうのであれば、同時に食べるものの温度についても配慮してみてください。なお、体を冷やしてしまう食品は主に生野菜で、これらはたしかに栄養がありますが、脱毛がしたいのであれば火を通すなり、あるいは同じ食卓に体を温めてくれる根菜類を追加して並べるなりしたほうがいいでしょう。
飲み物についてですが、コーヒーや麦茶は体を冷やすのであまり飲まないようにこころがけ、紅茶や黒豆茶を飲んで体を暖めるようにしましょう。
ですが食生活を改善するにあたって、くれぐれも無理をしてはいけません。美容の敵はストレスです。ちょっとした時間に上手な食事をするようにしていけば、自然とムダ毛は少なくなっていくでしょう。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都神奈川県
銀座相模原
千葉県 埼玉県
ちはら台/南船橋吹上
群馬県 新潟県
高崎/藤岡
伊勢崎/太田
新潟市/新発田市
栃木県 大阪府
宇都宮市堺市
大分県 熊本県
大分市熊本市
 
PageTop