家庭用脱毛器の正しい選び方

脱毛

家庭用脱毛器の正しい選び方

現在主流の家庭用脱毛器

家庭用脱毛器といえば、一昔前までは1台数十万円することもざらでしたが、現在では脱毛機器の開発及び改良が進み、各メーカーから機能面でもコストの面でも新たな商品が提供されています。その背景には、美意識への高まりによる脱毛ブームが大きな要因として挙げられ、その需要に応えるべく、特にエステ業界では従来からあるエステサロンの他に脱毛専門サロンも登場し、より身近に且つ手頃な価格で脱毛施術を受けられるようになる一方で、医療業界に於いても多くの美容整形外科や皮膚科などで施術を扱われるようになっています。
そして、現在主流である家庭用脱毛器は、エステや医療機関と同じ原理を用いた光による脱毛方法で、ムダ毛の再生を抑制し根本からの解消を可能とし、自宅で且つ自分で簡単にプロと同様の施術が行えるようになっています。

家庭用脱毛器が備える機能

現在主流の家庭用脱毛器が備える機能は、もちろんメーカーや機種にもよりますが、特に選び方のポイントなる点は光の特徴や扱い易さが挙げられます。まず脱毛器が備える光には、大きく2種類に分けることができ、1つにはエステサロンと同じクリプトンライトなどの光ともう1つには医療機関と同じレーザー光とがあります。
そして、いずれのタイプも誰にでも安全に使用できるパワーレベルの家庭用に調整されていますので、光の種類は異なるものの機能的にはかなり近似しています。具体的には、概して照射範囲は広く、痛みや肌への負担が軽減されており、またその為全身に使用できるタイプが多くなっています。これに対し違いが発生する点としては、光による脱毛の性質上、繰り返し照射する必要から連射機能やチャージ時間、また本体の重さ、そしてコストが挙げられます。

機能とコスパからニーズに適う家庭用脱毛器を

家庭用脱毛器の価格は、現在では5万円前後から8万円程度が一般的となっており、メーカーにより多少差がありますが、実際に重要なのはそのコストパフォーマンスにあります。そして、コスト面で選ぶポイントになるのは、本体価格だけでなくカードリッジや1ショット当たりの価格などが挙げられます。
これは、前述のように脱毛器が備える光による施術の原理上、1回の照射や施術で脱毛が完了するものではなく、特に体の部位によって何か月などとある毛周期に合わせて照射することが効率的であることから、ある程度様子を見ながら期間を置いて繰り返し照射し、徐々にムダ毛の量を減らして行きます。その為、機能性の他にコスパの面を考慮することが非常に重要で、機能性や扱い易さまた好みなどぞれぞれのニーズにと伴にコスパを考えて選ぶのが最適です。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都神奈川県
銀座相模原
千葉県 埼玉県
ちはら台/南船橋吹上
群馬県 新潟県
高崎/藤岡
伊勢崎/太田
新潟市/新発田市
栃木県 大阪府
宇都宮市堺市
大分県 熊本県
大分市熊本市
沖縄県
北谷町
 
PageTop