自分で処理してはダメ?脱毛期間におけるむだ毛処理に関して

脱毛

自分で処理してはダメ?脱毛期間におけるむだ毛処理に関して

サロンの前には剃っていこう

サロン前に自分でムダ毛を剃るのは基本です。なぜなら光脱毛は黒い色の毛根に熱ダメージを与えて発毛を抑える方法です。つまり、照射部分に毛根以外の黒い色があると、そこに光が反応してやけどなどの肌トラブルの恐れがあるためです。そのため、少なくとも照射部位は予約の前日か前々日には自分で剃る必要があるのです。
慣れている人ならカミソリでもいいでしょうし、もしカミソリでは肌を傷付ける恐れがあると思うなら各サロンで進めてもらった電気シェーバーなどを利用するといいでしょう。慣れないカミソリで剃ってカミソリ負けしては照射できないことになるので注意しましょう。
剃る際の注意が必ず保湿クリームやオイルなどを塗って肌を保護しつつ滑りをよくしてから行うことです。肌を傷付けては元も子もないので、入念な準備が必要です。

自分でできない部分は剃ってもらえる

自分でできない部分は無理に剃らないことです。背中などの自分では無理な部分は剃ってもらうといいでしょう。基本的に手の届かない部分などはこういったサービスがあるので無理に自分で剃らずに剃ってもらうことです。
仮にご主人や彼氏など剃ってくれるような人がいたとしても、美容のプロでない限りはお願いするのはやめた方がいいでしょう。なぜなら、それによってカミソリ負けしたら照射できないこともありますし、剃り残しなどがあるケースも多いからです。結局、エステティシャンに剃り残しも剃ってもらうとなる可能性が高いので、無理をしないでできない部分はお願いするといいでしょう。
ただ、VラインやIラインなどは衛生的な問題のため自分で剃るという決まりになっているサロンもあるので、普段剃り慣れない方はカミソリ負けしないように充分に注意しましょう。

剃った後は必ずケアを

剃った後、必ずケアをすることです。肌を守って滑りをよくするために保湿クリームやオイルなどを予め塗って剃ったとしても、それでもやはり必要な角質まで剃ってしまうものです。角質は肌内部を外敵から守るための重要なバリア機能を果たしているので、これを剃り落とすのは大変危険な行為なのです。そこで剃った後は、きれいに洗って化粧水、乳液などで必ずスキンケアをすることです。これまで剃った後に何もしなくても問題がなかった方でも必須です。
というのはこれから照射をするからです。光のターゲットは黒い色の毛根ですが、どうしても肌にもダメージを与える結果となります。その際シェービングによって傷ついた肌では、大きなダメージを受けることになるからです。ツルツルになっても肌が傷んでは意味がありません。そうならないようにシェービング後のケアは欠かさないことです。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都神奈川県
銀座相模原
千葉県 埼玉県
ちはら台/南船橋吹上
群馬県 新潟県
高崎/藤岡
伊勢崎/太田
新潟市/新発田市
栃木県 大阪府
宇都宮市堺市
大分県 熊本県
大分市熊本市
 
PageTop