やっていたら要注意!むだ毛処理で絶対にやってはいけないこと3選

脱毛

やっていたら要注意!むだ毛処理で絶対にやってはいけないこと3選

埋没毛を無理に剃る

間違った自己処理などでできてしまった埋没毛。気になるのはわかりますが、これを無理に剃るのはやめましょう。そもそも埋没毛の原因はカミソリで鋭くとがった毛先が肌を突き破って本来の出口の毛穴以外に生えてしまったことです。もしくは毛穴が傷つきその傷がふさがったことで毛の出口がなくなったことが原因です。それほどひどくないならターンオーバーとともに皮膚の上に顔を出す時があるので、その時を狙って処理しましょう。
また肌に合わない保湿剤の使用もNGです。いくら保湿が重要とは言っても肌に合わずにかぶれたり荒れたりしては逆効果です。特にムダ毛処理後の肌は通常よりも敏感なので、いつもは普通肌用の保湿剤としても、この時だけでも肌に良くない成分不使用の敏感肌用の保湿剤を使用するといいでしょう。

肌に合わない保湿剤の使用

肌に合わない保湿剤の使用は肌を傷める結果となるので、避けるべきなのです。それでは肌に合う、合わないはどうやって調べたらいいのか。それはパッチテストで調べましょう。腕の内側など肌の柔らかい部分に少量の保湿剤を付けて変化がないか半日ほど様子を見ます。これで特に問題がなければOK、赤くなったりかゆくなったり何らかの肌トラブルがあったら、それは肌に合わないということなので、残念ながら使用はやめた方がいいでしょう。合成界面活性剤や合成着色料、合成香料、アルコールなどの成分は肌に合わないことがあるので要注意です。
古い剃刀の使用も厳禁です。古い剃刀は切れ味が悪くなっているのでターゲットのムダ毛がきちんと処理できないだけでなく、肌に大きなダメージを与えることになります。

古い剃刀を使う

古い剃刀では、切れ味が悪いことでムダ毛がきれいに処理できないことが多いですし、肌を傷付ける可能性が高いので使用はやめた方がいいでしょう。しかも古い剃刀には雑菌が繁殖していることが多いので傷口からばい菌が入って炎症を起こす可能性が高いなど、衛生に悪いこともあるのです。
ツルツルのきれいな肌になりたいがために、剃刀によるムダ毛処理に古い剃刀を使ってしまい、傷ができてそれが痕として残ってしまっては本末転倒です。そうならないように、剃刀でシェービングする際は切れ味の良い新しいものを使うことです。
値段の高い剃刀を大事に何か月も使うより、安くても切れ味の鋭い新しくて清潔な剃刀を数回で使い捨てする方が、肌には優しいのです。ツルツルの美肌になるためにも、常に新しくて衛生的な剃刀でシェービングすることです。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都神奈川県
銀座相模原
千葉県 埼玉県
ちはら台吹上
群馬県 新潟県
高崎/藤岡
伊勢崎/太田
新潟市/新発田市
栃木県 大阪府
宇都宮市堺市
大分県 熊本県
大分市熊本市
 
PageTop