ほかの脱毛方法と比較した際の光脱毛のメリットとリスク

脱毛

ほかの脱毛方法と比較した際の光脱毛のメリットとリスク

光脱毛のメリット

光脱毛のメリットは短時間で広範囲を処理できることです。黒い色に反応する光を利用して、黒い色の毛根をターゲットにして熱ダメージを与えるのがこの方法なのです。つまり予めシェービングをして肌を整えておけばその部分に光を照射するだけで毛根を効率よく処理できるのです。
光脱毛が主流になる前、脱毛というと針脱毛でした。これは毛穴1つ1つに針を刺して電気を流す方法でした。これならその場で処理できましたが、何せ1本1本針を刺して電気を流すという処理をしないといけないので手間と時間がかかって大変でした。それに毛穴に針を刺して電気を流すという行為はちょっと考えるだけでもわかりますが、痛みを伴います。これを全身に行うとなるとかなりの時間、痛みに耐えないといけなかったのです。
光脱毛なら痛みも激減、しかも短時間で広範囲を処理できるようになったのです。

光脱毛のリスク

光脱毛は産毛・白髪には効果が期待できません。というのは光が黒い色に反応するためです。黒い色をターゲットに熱ダメージで毛根を処理していく方法なので、色の薄い産毛や色素のない白髪は光のターゲットとなりません。そのため光が反応しないので、ダメージを与えらずにお手入れが進みません。
また光脱毛の施術は日焼けした肌はできません。日焼け肌が黒いのは肌内部でメラニン色素という黒色の色素が大量発生しているからです。必要以上の紫外線を浴びると肌はダメージを受けてしまう、そのダメージから守るために肌内部で作られるのがメラニン色素なのです。つまりこの状態で照射をすると毛根ではなく肌内部のメラニン色素をターゲットとする可能性が高いのです。するとやけどなどのリスクが高まるので、日焼け肌には照射ができないのです。こういったリスクを伴うのが光脱毛なのです。

メリットとリスクを考慮したうえで慎重に選びましょう

光脱毛というと光を当てるだけで簡単に脱毛できる夢のような脱毛法と良い点ばかりに注目がいきがちですが、短時間で広範囲をしかもほとんど痛みなく脱毛できるというメリットもあれば、産毛や白髪には効果がない、日焼け肌には照射できないというリスクもあるのです。
光を当てるだけとは言っても毛根を熱で処理するのですから、多少のリスクを伴うのは仕方ないでしょう。カミソリや毛抜きの自己処理だって肌を傷めたり、毛穴を傷めたりなどのリスクを伴うのです。ただ、自己処理とは違って一旦光脱毛でツルツルになれば、しばらくの間はその肌の状態を維持できるので、カミソリなどによるダメ―ジを受けなくて済むというメリットもあるのです。
何事にも一長一短があることを理解して、本当に今自分に必要なのかよく考えて選ぶことです。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都神奈川県
銀座相模原
千葉県 埼玉県
ちはら台/南船橋吹上
群馬県 新潟県
高崎/藤岡
伊勢崎/太田
新潟市/新発田市
栃木県 大阪府
宇都宮市堺市
大分県 熊本県
大分市熊本市
 
PageTop