あなたは違い知っている?光脱毛とレーザー脱毛の違いと

脱毛

あなたは違い知っている?光脱毛とレーザー脱毛の違いと

「光脱毛」と「レーザー脱毛」

近年急速にプロの施術による脱毛が普及してきました。背景には2000年ごろまで主流とされていたニードル脱毛とは全く異なるレーザーを使用した施術が登場したことにあります。
ニードルとは針を意味し、処理したい箇所の毛穴の一つ一つに針を挿入し電流を流すことで毛の発毛の働きの母体となる毛母細胞を破壊し毛の発毛を止めます。毛穴ごとの施術によりその効果は抜群に高いのですが、施術時の痛みがあまりに強いこと、膨大な時間がかかること、費用が大変高額になることなどがあり一部の人しかなかなか利用が出来ませんでした。
しかし、新しく登場したレーザー脱毛と光脱毛はそれまでの問題点を大幅に改善しました。光脱毛もレーザー脱毛もレーザーを使用する点では同じですが、その出力数に大きな違いがあります。その為それぞれにメリットデメリットがありますので利用する場合は自分にあった方法を選ぶことが重要となります。

光脱毛とは

光脱毛とは主にエステサロンで行われており、フラッシュ脱毛とも呼ばれています。仕組みは皮膚組織下にあるメラニン色素、つまり毛の黒色にのみ反応するレーザーをを照射することで毛の毛根部の毛乳頭にダメージを与えます。毛乳頭は毛を発毛する働きのもととなりますのでダメージを与え、働きを止め、結果的に発毛をさせなくします。
ただし、エステサロンで使用する光脱脱毛機のレーザーの出力は特別な免許や資格が無くとも使用できるほど弱いものになりますので、1度の照射で与えることができるダメージは弱く、満足できるほどの効果が得られるまでには毛の発毛サイクルに合わせて2,3か月に一回程度の通院で1年半から2年ほどかかるとされ、永久的な効果はまだ実証されてはいません。しかし、痛みが弱く、1回の照射範囲が広く背中など広い範囲の照射には一度に短時間で照射可能、1回の費用がかなり安いことがメリットです。

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛とは、国家資格である医師免許所有者のみが厚生労働省から使用を許された大変出力数の高い医療機器による脱毛で、美容外科やクリニックなどで行われます。仕組みは、エステサロンの光脱毛と同じく毛乳頭にレーザーによってダメージを与えるのですがそのレーザーの出力数の違いが大きいことで1回当たりのダメージ力に大きな差があり、満足できる効果が得られる状態になるまでの通院回数も平均して1年前後程度とされます。しかしながら、出力が高いので光脱毛に比べると痛みはやはり強くなりますがその場合は医療機関なので麻酔処理が可能ですし、万一肌トラブルなどが起きた場合には医療機関なのですぐに対応が可能であり安心です。気になる費用面は、一回当たりの費用はエステに比べるとどうしても高額になります。
病院によっては分割支払いも可能なので、痛みに強く短時間で確実に永久的な効果を望む場合は、レーザー脱毛がお勧めと言えます。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都神奈川県
銀座相模原
千葉県 埼玉県
ちはら台吹上
群馬県 新潟県
高崎/藤岡
伊勢崎/太田
新潟市/新発田市
栃木県 大阪府
宇都宮市堺市
大分県 熊本県
大分市熊本市
 
PageTop