しっかりケアしてる?脱毛後の肌に対してのケア方法に関して

脱毛

しっかりケアしてる?脱毛後の肌に対してのケア方法に関して

脱毛した後の肌は痛んでいる状態

近年、増加傾向にある光脱毛は、光を当てるだけでムダ毛を簡単に処理できるので、一見肌にダメージはないように思えます。もちろん光が直接ダメージを与えるのは黒い色の毛根だけなので、剃刀や毛抜きを使った方法に比べると肌へ与えるダメージは非常に少ないという特徴があります。ただ、毛根が熱処理される際にどうしても肌内部は軽いやけど状態になります。照射前の冷たいジェルや照射後の冷却はやけどを防ぐための行為です。つまり脱毛した後の肌は痛んでいる状態、この肌の状態にあったケアをしないといけません。
普段は顔以外には特にケアをしていないという方でも、脱毛後のデリケートな肌には保湿ケアをしっかりとすることです。これを怠ると肌が乾燥したり、痒くなったり、酷いと火傷のようになるなど肌が痛むこともあるので要注意です。

運動・飲酒など体温の上がる行動は避けましょう

脱毛後は運動・飲酒などは控えることとなっています。これらに共通することは体温を上げるということです。脱毛後は軽いやけど状態と考えてください。肌表面は普通かもしれませんが、毛根は熱処理されているので肌内部は軽いやけど状態と言っても過言ではありません。この状態で身体を温める行為をすると、せっかく肌内部でおさまっているやけどが外にまで現れてしまうことがあるのです。
そのため、施術当日の身体を温める行為は厳禁なのです。毎日の入浴が楽しみという方も多いでしょうが、バスタブにつかる入浴はもちろん身体を温めるのでNGですし、ボディソープを付けてゴシゴシ洗うのもNGです。でもどうしても気になるというなら照射部位に関してはぬるめのお湯をやさしい水圧でシャワーをかける程度で抑えておくといいでしょう。

日ごろから行っているケアをしっかり行う

脱毛後の肌はデリケートになっているので、日ごろから行っているケアをより一層しっかり行うことです。化粧水で肌を整えて乳液やオイルで保湿をする、この一連のスキンケアは絶対に行ってください。ただ注意したいのがマッサージです。いつも行っている方でもマッサージはデリケートな肌には負担になりますし、何より血行を促進してやけどなどの肌トラブルになる可能性があるからです。マッサージは少なくとも翌日以降、肌が通常に戻ったかなと思うまでは控えた方がいいでしょう。
ただ、日頃行っていないのにいきなりケアとなると、どの化粧品を使っていいのかわからないという方も多いでしょう。サロンおすすめの商品があればそれがいいですが、値段が高いなどの問題もあります。そんな時はドラッグストアなどで入手できる敏感肌用の無添加化粧水や乳液を利用するといいでしょう。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都神奈川県
銀座相模原
茨城県千葉県
つくばちはら台/南船橋
埼玉県群馬県
吹上/深谷/本庄高崎/前橋/藤岡
伊勢崎/太田
新潟県 栃木県
新潟市/新発田市 宇都宮市
大阪府大分県
堺市大分市
熊本県沖縄県
熊本市北谷町
 
PageTop