しっかりしている?脱毛サロンに行く前にしっかりしておきたいこと

脱毛

しっかりしている?脱毛サロンに行く前にしっかりしておきたいこと

事前に自分で施術部分を剃っておく

エステでの施術の前に脱毛箇所は自分で剃るのが一般的です。光脱毛は光を当てるだけでムダ毛処理できると思われていますが、実は伸びたままのムダ毛に照射をするとその光の性質上、ムダ毛の伸びた部分に反応して、やけどなどの肌トラブルの恐れがありますし、毛根に効率よく熱ダメージを与えられないからです。そこで施術の前日か前々日に自分でシェービングする必要があるのです。
これを忘れると、サロンによっては照射してもらえないこともあります。また、自分ではきちんと剃ったつもりでも剃り残しがある場合も意外と多いのです。その場合、有料でシェービングしてくれるところもあれば、無料のところもありますし、その部分を照射してもらえないところもあるのです。それくらいシェービングは重要なので、施術日までにはシェービングしておくことです。

施術する際は日焼けをしないようにしましょう

脱毛で気を付けるべきなのが日焼けです。紫外線は美肌に大敵なことから、普段からUV対策は欠かさないという人も多いでしょう。ただ、そんな対策をしても、もしくはうっかり忘れて日焼けしてしまうこともあります。過度な紫外線はシミやそばかす、そしてシワやたるみの原因となることはよく知られていますが、実は日に焼けた肌では光を照射してもらえないことがあるのです。
光脱毛は黒い色に反応する光を使ってお手入れを進めて行く方法です。黒い色の毛根に熱ダメージを与えるのですが、この際に日に焼けた肌では肌に熱が反応する可能性が高いのです。なぜなら、日焼け後の肌内部は黒い色のメラニン色素が大量発生しているからです。このメラニン色素に光が反応してやけどなどの肌トラブルになる可能性が高いので、日に焼けた肌への照射はNGです。

肌の黒ずみに関して

肌の黒ずみで照射を断られることがあります。その原因は日焼けと同じく肌内部のメラニン色素が多いことです。つまり、光が肌内部のメラニン色素に反応して、やけどなどの肌トラブルになることがあるので、照射できないことがあるのです。ただ、一言で黒ずみと言ってもそのサロン、そしてスタッフによって基準はバラバラです。自分では無理かなと思っていても聞いてみたらやってもらえたというケースやその逆もあるのです。
あまりに黒ずみがひどくて施術を断られた場合、光ではなく電気脱毛にするという方法、もしくは色素沈着を解消して肌色を戻してから光脱毛するという方法があります。通常のサロンでは電気脱毛をしていないところがほとんどなので、一旦肌色を戻す方法が一般的です。やけどの恐れがなくなる程度まで肌内部のメラニンを減らすまで努力することになります。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都神奈川県
銀座相模原
千葉県 埼玉県
ちはら台/南船橋吹上
群馬県 新潟県
高崎/藤岡
伊勢崎/太田
新潟市/新発田市
栃木県 大阪府
宇都宮市堺市
大分県 熊本県
大分市熊本市
 
PageTop