毛穴はどうなるの?気になる光脱毛脱毛した後の毛穴について

脱毛

毛穴はどうなるの?気になる光脱毛脱毛した後の毛穴について

そもそも光脱毛の仕組みとは

光脱毛とは光を当てるだけで簡単に脱毛できる脱毛法とは知っているけれど、その仕組みを詳しく理解している人はそれほど多くないようです。使用する光がポイントです。この光は黒い色にだけ反応します。つまり、黒い色の毛根に反応して熱で焼くことによってダメージを与えているのです。肌の水分などがあるので正確には焼くというより茹でると言った方が正しいかもしれませんが、いずれにせよ熱によって毛根にダメージを与えています。照射した部分の皮膚でなく毛だけにダメージを与えられるのは、光が黒い色だけに反応するという性質であるからです。
毛根の中には毛乳頭があり、その毛乳頭の周辺に毛母細胞といって毛の元とも言える細胞があります。光脱毛はこの部分に光で熱ダメージを何回か与えることで毛の再生を阻止しているのです。

何故何度も通わなければならないか

光脱毛は何度も通って回数をこなさないといけないのですが、その理由は毛乳頭を焼き切るまでには時間がかかるからです。なぜなら光脱毛はレーザー脱毛とは違って光の出力が弱いので一度の照射では毛乳頭に多少のダメージを与えるにとどまるからです。つまり、本当に毛の再生を阻むには何度も攻撃しないといけないのです。
また毛周期も関係します。毛には生え変わりのサイクルである毛周期があります。細胞分裂が活発に行われて、毛がどんどん成長する成長期、細胞分裂が止まって毛が抜け落ちるまでの退行期、毛が抜け落ちて次の発毛の準備期間の休止期とありますが、光の効果があるのが成長期の毛だけなのです。つまり照射部位の毛が全て成長期ということはあり得ないので、同じ部分でも間隔をあけて何回か照射をしないといけないのです。

脱毛後の毛穴はどうなるか

脱毛後、毛はなくなってももちろん毛穴は残ります。毛穴には汗や皮脂、老廃物などを排出するという重要な役割があるのでなくてはならない存在なのです。ただ、開いたままの毛穴ではちょっと困るとおっしゃる方も多いと思いますが、心配無用です。なぜなら時間が経つにつれて、自然と閉じるからです。
ただ、まれに光脱毛後自然と閉じずに開いたままのことがあります。こうなるとそこに汚れや皮脂がたまって見た目が美しくないですし、臭いの原因となることもあります。その場合、皮膚科を受診すれば処置をしてもらえるのでそこまでの心配はいりません。
また、毛がなくなったことで汗が一旦落ちるクッションがなくなったことから、多汗症になったと感じる方が結構おられます。これは仕方がないことなので、汗取りパッドを使うとか、制汗剤を使うなどして乗り切りましょう。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都 神奈川県
銀座 相模原
千葉県 群馬県
ちはら台 高崎/伊勢崎
太田
新潟県 栃木県
新潟市/新発田市 宇都宮市
大分県 熊本県
大分市 熊本市
 
PageTop