どれくらいで処理すればいいの?むだ毛処理の適切な頻度とは?

脱毛

どれくらいで処理すればいいの?むだ毛処理の適切な頻度とは?

むだ毛の処理頻度とは

むだ毛の処理頻度は皮膚の状態や天候によっても変わってきますが、あまり回数が多くない方が肌を傷めずにすみます。
特別な日の前には念入りに処理したり、ワキや顔など目立つ部分はしょっちゅう処理しなければならなかったりしますが、方法によって異なるのもまた事実です。
肌に一番負担がかからないのは電気シェーバーといわれています。しっかり剃れるというよりは目立たなくなるだけのため、処理回数が多くはなりますが、切り傷や赤みを残さずに処理することができます。
肌にとって一番負担がある方法はカミソリで、肌に細かい傷を残してしまい、そこから雑菌が入りやすくなり化膿する可能性が出てきますし、ムダ毛の断面が大きくなるので後から生えてくる毛が濃く太く見えるというマイナスポイントもあります。カミソリを利用する場合には刃を平らにして、泡でシェービングをした後しっかり保湿することが必要です。

やりすぎは注意!

電気シェーバーが肌に負担をかけないからといってもやりすぎは、やはり肌を痛めることになります。むだ毛を処理するなら、できればエステサロンで脱毛プランを利用したり、理容室で顔そりのプロにまかせることがおすすめです。
顔の産毛や体のむだ毛を剃ってもらうと肌がつるつるになり気持ちがいいのですが、実際には細かい目に見えないキズがたくさんできているのです。古い角質を取り除くのにはよくても、洗顔するだけでも肌への負担がかかります。月に1度程度にしておくことがおすすめです。
エステサロンでは脱毛をした後、生えてこなくなるという自覚が出るまで時間がかかりますが、自己処理をしなくて済むようになりますので肌がきれいになり、レーザーによって透明感のある肌になれるというプラスポイントもあります。

個人差があるため自分のもっとも適切な頻度を見つけましょう

むだ毛の生え方や速度は個人差がありますので、自分に合った処理頻度を見つけることが大切です。自分で自分の肌を保護するようにしなければなりませんし、トラブルが出てきたときにはすぐに処理を中止して、治療を優先させることが必要です。
女性の場合には生理がありますが、生理前には肌が敏感になりますので、自己処理はやめておく方が無難です。エステサロンの脱毛コースの予約や理容室での顔剃りもこの時期は避けるほうがよいでしょう。特別なイベントがあってどうしてもという場合には保湿をしっかりしてもらうようにして、睡眠と栄養をとり体の内側からのケアも怠らないようにしなければなりません。
良くない方法はムダ毛を抜くことです。リムーバーなどで無理やり抜くと毛穴の奥に雑菌が入り、肌トラブルの原因になるからです。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都神奈川県
銀座相模原
千葉県 埼玉県
ちはら台/南船橋吹上
群馬県 新潟県
高崎/藤岡
伊勢崎/太田
新潟市/新発田市
栃木県 大阪府
宇都宮市堺市
大分県 熊本県
大分市熊本市
 
PageTop