紫外線は食べ物で予防できる!?

エステ

紫外線は食べ物で予防できる!?

身体の内側から紫外線予防をしよう!

外に出なくても浴びてしまう紫外線。皆さんはどのように予防されていますか?対策として一般的なのは日焼け止めや帽子、日傘などですね。最近では男性用の日傘も人気です。子供用のサングラスも昔に比べてよく売れるようになってきました。今や紫外線対策は美容に関心のある女性だけの問題ではなく、すべての人が健康のために対策をしなければならない環境になってきました。

ですが、すこし待ってください。体の外に浴びるものにだけ対策を講じていませんか?

紫外線はどんなに予防しても肌にダメージを与えています。そして、ダメージを受けた肌を修復するために体の内側も戦っているのです。

だからこそ、体内環境を自ら整えて、体内の対策をしっかりと行うことで予防をしっかりと行うことが重要となってきます。

シミそばかすを予防!ビタミンを多く含む食材

紫外線といえば、シミそばかすの天敵。そんなシミそばかすも体内からの予防で対策してみませんか?

体内からの紫外線対策として効果的なのが抗酸化作用のあるビタミンCです。シミそばかすの原因となるメラニンの生成の抑制となるだけではなく、肌の張りの元となるエラスチンやコラーゲンの元ともなっている重要な栄養素です。特に紫外線をあびた肌はメラニン色素を活性化するだけでなく、メラニン生成の元凶となる活性酸素も発生し、ダメージを与えています。

そんなビタミンCは外から塗るのではなく、食べることで内側から取り込むのが効果的です。残念ながら、ビタミンCは長時間体内にとどまることができないので、三食に分けてこまめに摂取しましょう。大量にとるのがいいとおもわれがちですが、体内に蓄積できる量はかぎられているので、適量を定期的にとっていくのがおすすめです。


メラニン生成の元凶、活性酸素に効く食品って?

では、メラニンの元凶である活性酸素を減らすビタミンCを取るにはどんな食べ物をいつ食べるのが効果的なのでしょうか?

ビタミンCの多い食品には紫外線吸収作用のあるソラレンも多く含まれています。ソラレンを大量に摂取してしまうと摂取して二時間ほどで紫外線吸収をもっとも促してしまうので、夕方や夜に摂取すると予防として最も効果的にビタミンCを摂取することができます。

食べる時間もわかったところでビタミンCの多い、予防に持って来いの食品を紹介したいと思います。ビタミンCといえばこれ、といっても過言ではないレモン、グレープフルーツ、オレンジ、ライムなどの柑橘系、イチジク、パセリ、きゅうり、セロリなどもおすすめです。今度からサンドイッチやサラダについているパセリも食べるようにしないといけませんね。

効果的に食品をとって紫外線対策をしっかりしていきましょう!

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都 千葉県
銀座 ちはら台
群馬県 新潟県
高崎/伊勢崎 新潟市
栃木県 大分県
宇都宮市 大分市
熊本県
熊本市
 
PageTop