白湯ダイエットできれいになろう!

エステ

白湯ダイエットできれいになろう!

白湯とは

最近、美容や健康にいいと話題になっている白湯。では、一体白湯とはどんな飲み物なのでしょうか?

簡単に言うと、沸騰させたお湯を飲める温度になるまで冷ましたもののことを言います。一度沸騰させてから冷ましているため、水道水で気になるカルキなどの不純物が飛び、飲みやすくなっているという特徴があります。薬を飲む際によく飲まれているものであり、病弱な方や、子供、老人でも安心して飲めるものとして昔から白湯は親しまれています。

朝飲むと良いとよく聞くと思われますが、これは、インドの伝統医学アーユルベーダの一つとして始められたとされており、起きがけに飲むことで体をゆっくりと覚醒させ、腸内の老廃物を洗い流すと言われています。

水道水を使えば全くお金のかからない美容、健康法であり、効果があるなら是非試してみたいですよね。

どんな効果があるの?

白湯を飲むことでダイエットにつながる、便秘や冷え性が改善される、という話を聞いたことはないでしょうか?しかし、言ってしまえばただの水。本当にそんなにいいものなの、と疑問に思う方もいると思います。そこで、具体的にどんな効果があるのか紹介します。

まず、胃腸などの内臓機能が温められることで、全身の血の巡りが良くなり、基礎代謝が上がります。ちなみに、内臓温度が1℃あがると、基礎代謝は10~12%も上がると言われています。それにより、ダイエット効果があるだけでなく、血流が良くなることで美肌、美白にもつながります。また、内臓が活発に動くことで、消化作用も促進され、便秘改善が期待できます。さらに美肌やダイエットに嬉しい効果が期待できそうですね。

健康にも美容にもいいことずくめの白湯。試さないのはもったいないですよね。


どうやって作るの?

ちょっと温かいお湯だからといって、水道からお湯を出すだけでは効果はありません。水道水には不純物も多く含まれていますので、必ず沸騰させて不純物を取り除きましょう。

具体的な作り方としては、水道水をやかんに入れて火にかけ、しっかり沸騰させましょう。その後火からはずして、50℃前後に冷まして飲みましょう。冷め過ぎると効果は半減してしまうので、注意してください。

また、基本的には朝昼晩とコップ一杯飲むことをオススメします。特に朝は、起き抜けに5~10分ほどゆっくり時間をかけて飲むことで胃腸を活性化させることができます。

最後に、白湯は飲めば飲むほどよい、というものではありません。水分の吸収率がいいため、逆にとりすぎてしまうとむくみの原因となってしまうこともあります。適正量は朝昼晩コップ一杯分程度で1日800ml程度摂取することをオススメします。正しい方法で摂取し、最大限の効果を得ましょう。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都 千葉県
銀座 ちはら台
群馬県 新潟県
高崎/伊勢崎 新潟市
栃木県 大分県
宇都宮市 大分市
熊本県
熊本市
 
PageTop