紫外線によるシワへの対処方法

エステ

紫外線によるシワへの対処方法

シミやシワなど全ての皮膚トラブルの元になるのが紫外線

一つでもできてしまうと急に見た目年齢が増えてしまうのがシミやシワ。できればずっとピンと張った美しいお肌を保ちたいですよね。同じ年齢でも、30歳を超えると何歳に見えるかは個人差が大きくでてきてしまうと言われます。シミやシワのない、いつまでも若々しく見られるコツとは何でしょうか。
肌が老化する原因は年齢による細胞の酸化、皮膚の乾燥、コラーゲンの減少によるもの、さらに紫外線が主な原因です。その他にも生活習慣やストレス、擦りすぎなどの間違った肌のストレスがあげられます。いずれもどの人にも起こりうることですが、これらが複合的に絡まり合って老化を促し、いずれシミやシワが形成されます。
この中でも一番肌への悪影響が多いのは何だかお分かりでしょうか?それが紫外線です。できてしまってからケアするのではなく、できるだけ作らない方法を身につけましょう。

普段の生活で紫外線を予防するには

紫外線は太陽の光に含まれるため、全てをカットすることはできません。
一番手軽で効果が高いのが日焼け止めを利用することです。さらに外出する時は、帽子や日傘を利用します。これは髪の毛も太陽光の影響を受けるためです。また日傘や帽子がある時は日焼け止めは不要だと思っていませんか?道路に反射してかなりの光を浴びるので、どうしても日焼けするので必ず塗りましょう。
また車や家のガラスを紫外線は楽々と通過します。できれば朝起きて顔を洗ったらすぐに、1日家の中にいる予定でも日焼け止めを塗るようにします。日焼け止めはSPF値というもので紫外線を防止する効果が表記されます。数値が高いほど防止効果が高いのですが、通常生活では20くらいで十分です。あまりに数値が高いものは肌への負担が多いため、適切な数値のものを適切に塗り直すことで、よりシミやシワをつくらせないようにできます。メイクした顔にはスプレー式の日焼け止めが便利です。

紫外線を浴びてしまった時シワを予防するには

どんなにケアしていても、少しはどんな人でも日焼けはしてしまうもの。浴びてしまった紫外線はシミやシワになる前にしっかりとケアすることが必要です。日焼けは実は軽い皮膚の火傷だとご存知でしたか?お肌はとても乾燥してデリケートになっています。ヒリヒリしている部分は保冷剤や濡れたタオルでしっかりと冷やしてから化粧水で保湿しましょう。肌にのせた水分は時間とともにどんどん蒸発するので、クリームなど油分のあるものでフタをすることも忘れてはいけません。
ダメージを受けたお肌を回復するためにはビタミンが欠かせません。中でも抗酸化効果の高いビタミンA、メラニン色素を抑制するビタミンC、新陳代謝を高めるビタミンEはしっかりと取りたい栄養素です。ビタミンは一度に多量に摂っても体外に排出されるものが多いので、毎日続けて摂取しましょう。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都 千葉県
銀座 ちはら台
群馬県 新潟県
高崎/伊勢崎 新潟市
栃木県 大分県
宇都宮市 大分市
熊本県
熊本市
 
PageTop