表情じわの原因と改善方法

エステ

表情じわの原因と改善方法

表情ジワはどうして出来るの?

若い時は肌に弾力があり、形状記憶力が正確に機能しています。そのため笑ったりしても表情を元に戻す事で、シワが出来ない張りのある肌に戻ります。形状記憶力は、コラーゲンとエラスチンの働きによって機能しているのです。
コラーゲンは、肌の弾力を保つために必要不可欠です。またエラスチンは、そのコラーゲンを支える役割をしているのです。これらのコラーゲンとエラスチンの量は20代が最も多く、それ以降は徐々に年齢を重ねるとともに減少していきます。
また紫外線を浴びる事によって、コラーゲンを変形させてしまったり、ストレスや生活習慣の乱れなどによりコラーゲンとエラスチンの関係を壊してしまったりして、肌の水分量を失う結果となるのです。それらが原因となり、表情を作った時に表情ジワが戻らなくなります。

表情ジワを予防するための方法

表情ジワは、表情筋のある所に出来ます。そのため常に同じ筋肉を動かす癖があると、シワが刻まれやすくなってしまいます。笑顔になる時に、無理に顔に力を入れ過ぎると筋肉が必要以上に働いてしまい、シワが寄って肌にストレスを与えてしまうのです。
しかし表情を作らないようにするというわけにはいきません。無理をしないよう自然な表情で過ごすようにしましょう。
また肌の張りには、しっかりと潤っている事が大切です。コラーゲンやエラスチンの働きを良く理解して、紫外線に当たらないように、外出する際には日焼け止めや日傘などを忘れないように心掛けましょう。そして十分な睡眠と、規則正しい生活と食生活を送るようにしてください。それらをしっかりと守る事によって、肌にシワが出来てしまう事を予防出来るのです。

表情ジワへの対策の方法

表情ジワは、年齢を重ねるとともに深くなっていき、固定化されるため目立つようになってきます。そうならないためにも、まずはスキンケアを行ってからするようにしましょう。そうする事で、保湿効果が高くなり、肌が柔らかくなり、表情を作りやすくなります。
次に表情筋エクササイズなどで対策をとる事が必要になってきます。そこで簡単に出来るエクササイズの方法をご紹介させていただきます。その方法は、「あいうえお」と言葉に出して言っていくだけです。その時のポイントとして、「あ」の時には目や口を大きく開けます。「い」の時には、口を思いっきり横に広げます。「う」の時には、唇を尖らせて顔全体が真ん中に集まるイメージで言います。「え」の時には、口角を上に上げながら顔全体を外側に持っていくイメージで言います。「お」の時には、口をおもいっきり縦に開いて言います。これらを10セット毎日行うと効果的です。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都 千葉県
銀座 ちはら台
群馬県 新潟県
高崎/伊勢崎 新潟市
栃木県 大分県
宇都宮市 大分市
熊本県
熊本市
 
PageTop