口元のシワの予防と対策

エステ

口元のシワの予防と対策

老けてみえるのは口元のシワが原因かも

くっきり見えるほうれい線、笑うと目立つ口元のシワ、とっても気になりますよね。これがあるなしで、若く見えたり老けて見えたりします。でもどうして、ほうれい線や口元のシワが目立つようになってしまうのでしょうか。その原因は、25歳を過ぎるとお肌の再生因子が減ってしまうからなのです。そうすると、ほうれい線が目立つようになったり、細かなシワが気になったりします。そしてだんだんと深く太くなってしまいます。だから、「25歳はお肌の曲がり角」というのもうなずけますね。
また、乾燥や紫外線、ストレスの影響も見逃せません。オフィスのエアコンなどの影響でいつも空気が乾燥していると、肌から蒸発する水分の量が増えます。するとお肌の角質層の水分が失われ、お肌の老化を早めてしまうのです。

ほうれい線を予防するには、まず保湿

ほうれい線を目立たないようにするための一番の予防方法は保湿です。現代女性のお肌はエアコンの乾燥した空気や紫外線にさらされて、とても乾燥しやすくなっています。のどの渇きならすぐに分かりますが、お肌の水分不足はなかなか気がつきにくいものです。だからお肌への水分補給はとても大切なんです。水分不足の状態が続いて、ある日口元がカサカサしてきたと思ったら、それが小さなシワになって、などということになりかねません。
特に注意したいのが風呂上がりです。お風呂に入ると、お肌の皮脂がとけて皮脂膜の量が減ります。すると角質層から保湿成分がどんどん出ていってしまってますます乾燥します。お風呂上がりはすぐに、ヒアルロン酸やセラミドなど保湿成分の入ったローションやクリームでスキンケアしてください。また加湿器などを使って、お部屋を乾燥させないことも大切です。

ほうれい線、シワ対策のための口元エクササイズ

ほうれい線や口元のシワ対策は、スキンケアなどお肌の外側からだけでなく、体の内側からも対策しましょう。シワなどが目立つ原因の一つには、表情筋の老化があります。表情筋も腕や脚の筋肉と同じように鍛えることができます。その方法としてオススメなのが、舌回し体操です。まず口を閉じた状態で舌を右回りに20回まわします。次に左回りに20回まわします。これを1セットにして1日3セット行ないます。舌を回すことで口元の筋肉が鍛えられて、ほうれい線がだんだん目立たなくなってきます。テレビを見ながら、家事をしながらいつでも簡単にできますので、ぜひ試してみてください。大事なのは継続することですよ。
またある調査によると、ほうれい線で悩んでいる方は、食事の際の噛む回数が少ない傾向にあるそうです。一口30回噛むことが健康につながるといわれています。噛む回数が増えると口周りの筋肉が鍛えられますので一石二鳥です。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都 千葉県
銀座 ちはら台
群馬県 新潟県
高崎/伊勢崎 新潟市
栃木県 大分県
宇都宮市 大分市
熊本県
熊本市
 
PageTop