確認必須!気になるエステと美容医療の3つの違い

エステ

確認必須!気になるエステと美容医療の3つの違い

カウンセリング時の違い

エステと美容医療、どちらも美しくなるために受ける施術ですが、受ける場所が違うことからもわかるように、両者には違いがあるのです。
まずはカウンセリングの内容です。カウンセリングでは施術の内容や料金など色々なことに関して説明がありますが、その際の同意書の有無です。美容医療の場合は保険外の治療となるので、その旨などを記載した同意書にサインをすることになります。
また対応するスタッフにも違いがあります。エステでは美容などに関する研修をしっかり受けたエステティシャンが、一方の美容医療では医学的知識を持った医師が、それぞれ対応してくれます。どちらがいいと優劣をつけるわけではないですが、医師の方は医学的見地から、美しくなるためにできる施術を解説してくれるので、安心とも言えます。

施術内容の違い

施術内容にも違いがあります。癒されながら施術を受けたいならエステが、外科的な処置をして即効性を期待したいなら美容医療がおすすめです。
エステはもちろん医療機関ではないので肌にメスを入れたりする外科的な施術はできません。そのため即効性はありませんが、その代わりにゴージャスな非日常的な室内でリラックスしながら施術を受けられるところが多いのです。痩身やフェイシャルなど美しくなることが目的ですが、その施術中にも寛ぎの空間を演出してくれるのがエステなのです。
一方の美容医療はというと医療の延長なので寛ぎというよりも、即効性を重視した処置をしてもらえます。もちろん寛ぎの空間を演出しているクリニックもありますが、寛ぎが目的ではなく美しくなるための処置が本来の目的なので、エステのゴージャス感には劣ることがほとんどです。

効果・費用の違い

エステと美容医療の違いで最も気になるのが効果と費用の違いです。費用は高額になりますがその分効果も高い美容医療に対して、費用はリーズナブルですがその分効果も現れにくいのがエステと言えます。
美容医療では基本的に保険のきかない自費治療なので施術内容は色々ですが10万円は下らないのが通常です。ただ、その分すぐに効果が期待できるのです。それに対してエステは比較的安いですが、外科的な処置ができずにマッサージや美容マシンを使った施術になります。メスは入れられませんがこういった手技や食生活の改善などで根本的なところから肌質改善をするので、即効性はないですが持続性が高いというメリットもあるのです。
このように美容医療、エステともメリット・デメリットがあります。それらを理解して使い分けるのがいいでしょう。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都 千葉県
銀座 ちはら台
群馬県 新潟県
高崎/伊勢崎 新潟市
栃木県 大分県
宇都宮市 大分市
熊本県
熊本市
 
PageTop