エステ未経験者必見!エステにかかる料金の内訳まとめ

エステ

エステ未経験者必見!エステにかかる料金の内訳まとめ

一般的なエステ料金の決まり方

エステに通うとなると一番気になるのがその効果ですが、それと同時に知っておかないといけないのが施術にかかる費用です。あまりに高いと払えませんので、自分の身の丈にあったコースを選ぶ必要があります。
エステ料金はコースによって異なります。今では入会金を必要としないエステも増えましたが、基本的に入会金を払った上でそれぞれのコース料金を支払うことになります。痩身、フェイシャル、脱毛などその内容によってもちろんかかる費用は異なります。サービス内容が増えるにつれてかかる費用も高くなります。ただ、大手サロンではブランドというだけで料金が上乗せされるので要注意です。もちろんその分高い技術力や最新の施術を受けられるといったメリットもあるので、値段相応と言えばそうなのかもしれません。

施術以外にかかる可能性があるもの

エステでは実は施術以外にも費用がかかることをご存知でしたか。もちろんすべてのエステではないですが、それ以外に別途費用を請求されることがあるのです。
まず一つ目が入会金です。コースの料金とは別に申し込むだけでかかるのがこの費用です。ないところも増えていますが、老舗のサロンや大手チェーンなどではまだ採用しているところがあるので要注意です。また必要な用品の費用も請求されることがあります。例えば施術に使ったジェルやクリームなどを別途請求されるケースもあるので要注意です。
これらの施術以外にかかる費用は、最初の契約の際にきちんと確認しておくことです。契約書には難しい文言がかかれていてよくわからないかもしれませんが、これを見落とすと大変なことになりかねません。その場で理解が無理なら自宅に持ち帰って内容を理解してから契約することです。

個人差が激しいので詳細はしっかりエステティシャンに確認を

個人差が大きいので詳細はエステティシャンに確認をすることです。通常のコース内で自分の希望通りになるのが理想ですが、残念ながらそれだけでは不足するケースも多々あります。痩身エステでよくありますが、コース内容だけでは充分な効果が得られずに色々追加となると思った以上に費用がかかってしまうのです。出せる費用の上限を予め把握しておいて、その範囲内でおさめることです。
仮にきれいになりたいために無理をして費用をねん出して施術を受けたとします。それできれいになったとしても生活に支障をきたしては意味がありません。そうならないように無料カウンセリングで費用に関する不明点はしっかりと解決することです。わからないまま契約すると予算オーバーでアウトともなりかねませんので、くれぐれも疑問点は解決しておくことです。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都 千葉県
銀座 ちはら台
群馬県 新潟県
高崎/伊勢崎 新潟市
栃木県 大分県
宇都宮市 大分市
熊本県
熊本市
 
PageTop