エステに行く前に確認しておきたい3つのコト

エステ

エステに行く前に確認しておきたい3つのコト

痩身エステの場合は直前に食事しない

痩身エステの直前の食事は避けた方がいいでしょう。もちろん空腹で耐えられないような状態での施術も体によくないので小腹を満たすほどの飲食なら構いませんが、ガッツリと食事を摂るのは避けた方がいいでしょう。なぜなら、施術後は栄養素の吸収がよくなる可能性が高いからです。痩せたくて痩身エステに通っているのに、その施術のおかげで余計に太っては意味がありません。そうならないように直前の飲食は控えた方がいいでしょう。
栄養素の吸収がよくなるだけでなく、マッサージなどによって気分が悪くなることもあるのも問題です。エステの予定は前々から決まっているでしょうから、少なくとも予約の2時間前までには食事は済ませておくべきです。急用が入って食べられなかった場合、栄養補助食品などを軽く食べる程度ならいいでしょう。

フェイシャルの場合は前日に日焼け・顔そりをしない

フェイシャルエステの場合は前日の日焼けや顔剃りには注意しましょう。というのはマッサージなどを行って血行を促進し、肌にハリや弾力をもたらしたり、光を照射してシミを薄くしたりするのがフェイシャルです。これらは肌にとっては刺激となるのです。つまり日焼けも顔剃りも肌にはそれなりのストレスです。ストレスを受けた状態の肌でマッサージなどを行うと、それがさらに刺激となって肌トラブルとなる可能性が高いからです。
日焼けは美肌の大敵なので普段からUV対策をしっかりしている人がほとんどでしょうからそれほど問題はないですが、明日はエステだから礼儀として顔剃りをしてしまう人は多いでしょう。カミソリで剃っているのはムダ毛だけのつもりでも、結果的に必要な角質まで剃ってしまうことになるので、前日にはやめた方がいいでしょう。

強いスクラブで洗顔しない

強いスクラブで洗顔しないことも大事です。スクラブを使った洗顔は汚れや古くなった角質が落ちている感じがして気持ちがいいですが、肌にとって刺激が強いことが問題です。自分では気持ちいいと思っても、実は肌はダメージを受けていることが多いのです。顔の皮膚は特にデリケートなので強いスクラブで洗顔しないのはもちろん、強すぎるマッサージも禁物です。
エステでスクラブ入りの洗顔をすすめられたら話は別ですが、通常週に1回など使用の決まりがあるはずです。その規則を守っての使用なら肌にいいのですが、限度を超えての使用は肌への負担が強すぎてシミやくすみの原因となることも多いのです。洗顔はよく泡立てた洗顔料を肌にのせて円を描くように優しく洗うのが鉄則です。これで汚れは充分に落ちるのでくれぐれも強いスクラブでゴシゴシ洗顔は避けるべきです。

関連記事

 

コラム記事

レクレドール化粧品

サロン案内 地図から探す

東京都 千葉県
銀座 ちはら台
群馬県 新潟県
高崎/伊勢崎 新潟市
栃木県 大分県
宇都宮市 大分市
熊本県
熊本市
 
PageTop